ダンボール・緩衝材・梱包材の選び方

荷物を運搬する際に気をつけなければいけないことは多々ありますが、その中でも重要なウエイトを占めるのがダンボール・緩衝材・梱包材などの間接資材です。荷物の運搬や輸送を専門家がどれだけ丁寧に行ったとしても、ある程度の衝撃は絶対に発生することになりますので、それをしっかりと吸収することができるような資材を選択することが大切です。これらの資材は一般の方であればホームセンターなどで購入することができますし、大量の資材が必要な場合は専門事業者から購入することも可能です。

これらの緩衝材や梱包資材に関しては外側から強度をしっかりと考慮する必要があります。まずはもっとも外側に位置する外装箱に関してですが、ダンボールの強度はどのようなものでもほぼ変わりはありません。ただ、底の部分と天井の部分の機構が若干違うものがあり、シンプルなタイプのものであれば底はしっかりと十字型にテープを貼ることが必要です。組み合わせ式で底部分がテープなしでしっかり固定されるタイプのものであれば、テープ分の資源の節約になります。

箱の中身に関して重要になるのが緩衝材です。基本的に衝撃を吸収することが求められるもので、箱の中に生じる隙間を埋め、格納されている物品が動かないように固定する機能も求められます。ただ紙を詰めるだけで処理する例が散見されますが、ある程度の重量がある場合は少し輸送した段階で紙が固まってしまい、新たな隙間が生じることがあります。それを回避するためには空気を多く含んだクッション性豊かな緩衝材を用意する必要があります。

緩衝材として最適なものは発泡スチロールなど発泡性の素材のもの、さらにはいわゆるプチプチと呼ばれる空気をビニールの中に閉じ込めたエアークッションです。空気はある程度の圧力まで圧縮され、元に戻ろうとしますので、箱に生じる衝撃をしっかりと吸収することができます。梱包のコツとしては箱の内側のどの部分に接しないように梱包することです。箱の中で物品が中間に位置するように配慮して梱包すると最適です。

最後にテープなどの梱包材に関しては、はがれにくいことが重要です。それでいて開封しやすいものは利便性が高く、布タイプのガムテープなどが比較的利用されやすいです。オフィスの一時的なレイアウト変更などでは、簡単に切ることができるビニールタイプの養生テープと呼ばれるものが使用されることもありますが、長距離輸送の場合はガムテープを選択した方が無難になります。